スポンサードリンク


太ももはセルライトのつきやすい場所

セルライト・・・体の中で脂肪細胞が最も多い場所に多く見られるものです。セルライトはダイエットの大敵ですよね。

セルライトの原因は、脂肪の貯蔵や放出をコントロールしている場所レセプターです。脂肪細胞の中に、このレセプター(受容体)があります。レセプターで脂肪が増えたり減ったりする中心的な役割を果たしています。

女性の太ももがダイエットしても痩せにくいのは、脂肪細胞の中の特に下半身に、このセルライトのもと、レセプターが、多く配置されているからです。ですから、男性に比べて女性の太ももは脚やせのためのダイエットをしても痩せにくくなっているのです。

太ももの脂肪細胞には、脂肪放出レセプターが1つなのに対して、貯蔵レセプターが6つあります。ということは、脂肪を放出するドアが1つしか無いのに比べて、脂肪を貯蔵するドアが6倍もあるということになるのです。ですから、必然的に太ももはからだの上半身などのほかの部位に比べて痩せにくくなっているのです。その理由から、太ももなどの下半身はセルライトができやすい部分なのです。頑張ってダイエットでセルライトを落とそうとしても限界があります。マッサージクリームなどを使うと、セルライトにも効果的ですよ!
マッサージでボディを引き締め!肌をなめらかに整えるキシメニン酸配合。セルライトやむくみを...



スポンサードリンク



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。